畳のできるまで

「表替え」の場合は、古い「ゴザ」と「へり(縁)」を外します。
畳屋さんが使う道具です。

上が「手かぎ」です。畳を動かしたり、運んだりするときに使います。
部屋に敷いてある畳を取り出すときにも使います。

下は「包丁」です。料理するときに使う包丁とは少し違った形をしています。
他にも「針」や「糸」など、様々な道具を使います。

新しい「ゴザ」を貼ります。

ぐいっとひっぱって、シワのないように。

今は機械で縫いつけます。

昔は全て手作業で、針と糸を使って縫いつけていました。

次は「へり(縁)」です。今はカラフルな縁もあります。

両方一気に縫いつけます。

ほぼできあがり。
畳らしくなってきました。
みなさまのご自宅まで出荷です。
最近は、縁のない畳も人気です。

縁のない畳は、特別な機械で作ります。

株式会社マルキン

本社
愛知県名古屋市瑞穂区
東栄町5丁目18番地
052-841-2020

営業所
愛知県名古屋市昭和区
白金1丁目15番地13号
052-881-1155